信頼できる決済代行業者とはどのようなもの?

>

安心安全な決済代行業者を選んで事業を成功させよう

決済代行を導入するデメリット

決済に関する業務を自社で行うことを考えた場合、そのために必要な労力や人件費は相当な割合を占めることになると思います。
その部分の業務を決済代行業者に委託することができれば、不要になった労力を調整して必要な部分に充てることもできるのです。

そんな便利な決済代行業者ですが、仕事を依頼するには手数料を支払う必要が出てくるというコスト面での問題が、決済代行業者を導入する際のデメリットと言えるでしょう。

他に考えられるデメリットとは、お金のやり取りを外部に委託してしまうということによる顧客の情報管理の問題です。
購買層の分析などを自社によって十分に行うことができないので、営業努力が不十分になってしまうという恐れも出てきます。
万が一購入者との間で金銭トラブルが起きてしまったような時にも、いち早く対応することができないなどのデメリットも考えられるのです。

集客率UPのために利用したい決済代行業者

ではなぜ決済代行業者を導入することが、集客率をUPさせることにつながっていくのかメリットの面から見ていきましょう。
インターネットで買い物をする時の決済方法には、クレジットカード決済やコンビニ決済、携帯キャリア決済から各種銀行振り込み、代金引換や後払いなど様々な方法があり、それぞれに手数料が異なっています。

購入しようとした時に自分が希望している決済方法がなかったとしたら、購入者はそのサイトでの購入を断念したり、インターネットでの購入自体を止めてしまうという調査結果も出ているといいます。
これではせっかくのビジネスチャンスを逃してしまうことになりますよね。

そうならないように、決済方法の選択肢をひろげておくことが大切です。
様々な決済機関と個別に契約を結んでいくことには大変な労力を要するので、
一度の契約で済むことが決済代行業者の最大のメリットだと言えるでしょう。


Share