新入学用品を選ぶ

新入学用品には、ランドセルや机や卓上ライトなどいろいろな種類があります。幼稚園から小学校への新入学用品が一番気を使いますね。中学校や高等学校になると、自分で揃えることもできます。また、友達と相談して必要な文具等は自分で購入出来ますので。気を使うことは少ないですね。

小学校への通学グッズを揃える時に思うのは、こんなに大きなランドセルを背負って学校に行けるのだろうか等ですね。新入学用品を揃える時に、登下校のことを考えるのは大切です。

新入学用品で大切なことは、
①軽いこと
②雨に濡れても大丈夫なこと
③雨に濡れても軽いこと
④乱暴に扱っても壊れないこと
⑤汚れやが落ちやすいこと
⑥扱いやすいこと(子供が)
⑦目立ちやすいこと

等です。特に、車や自転車の運転者の注意を喚起する色や形状の物が良いですね。

新入学用品は交通安全

新入学用品を選ぶ時に大切なことは、子供の体に合わせた大きさの物を選ぶことが大切です。只、入れ物などを小さくし過ぎて、持ち物が増えてしまってもいけません。目的は、登下校の時に、子供が動きやすいようにすることです。

雨の日の登下校の時に、持ち物が多すぎて傘を満足に持てない子供を見たことはありませんか。晴天等の普通の天候では問題のない登下校でも、雨天時の登下校は状況が一変します。子供の立場で考えた新入学用品をそろえましょう。

新入学用品では、交通安全グッズも大切です。ランドセルカバーや手下げバッグ、そして通学用の帽子や傘等は、車や自転車の運転者の注意を喚起する「黄色」だけでなく、反射材が付いたものが安心ですね。反射材が付いていると、視界が悪い雨天時や薄暗い道でも光が反射するので安全です。

すっくの新入学で安心通学

すっくの新入学用品に人気が集まっています。種類が豊富なのも人気の秘密ですね。すっくの新入学用品の学習環境シリーズの紹介をします。親入学用品にはランドセルから寝具まで、数多くの種類が用意されています。すっくオススメの商品には、名前テープ、卓上ライト、運動靴、机、整頓用のワゴン、折りたたみ傘等があります。

すっくの新入学用品の折りたたみ傘は、子供が自分で使えるように、工夫して作られた便利傘です。子供は、雨が降りそうな天候でも雨具を持っていくのを嫌がります。折りたたみ傘を持たせても、開けなくて濡れて帰ることもあります。小さな子供が雨に濡れている姿は可哀そうですね。

続きはこちら

入園式のコサージュの付け方

入園式のコサージュはベストポイントに

入園式用のコサージュにもいろいろな種類があります。コサージュとは、生花や造花で作られたブローチタイプの装飾品のことですね。相手に喜びを伝えたいときに付ける小さな花のことをコサージュと呼びます。一般には作り物の花飾りを付けますね。付ける位置はいろいろありますが、一般的には胸や腰です。胸では左胸に付けることが多いですね。

入園式でコサージュを付けるときに、キレイに見えるようにするにはどうしたら良いでしょうか。ポイントは少し上の少し内側です、肩のラインとバストトップのラインを4等分して、上から1/4で少し内側に寄せた付近がベストです。また、薄手の衣装に付けるときはコサージュがグラグラしますよね。その場合は、あて布をする方法が一番手軽で簡単です。子供と一緒の記念写真は長く残ります。入園式のコサージュはベストポイントで動かないようにシッカリ付けましょう。

入園式のコサージュは体に合わせて

入園式等コサージュを付ける機会も多くあります。コサージュを付ける位置は、少し上の少し内側がポイントでしたね。入園式等ではコサージュを付けて記念撮影をします。子供と一緒の記念撮影の写真は長く残ります。コサージュの付け方にも工夫をしましょう。

入園式用のコサージュに限りませんが、お店で売られているコサージュの形をチョット曲げると写真写りが良くなります。一般的にお店で売られているコサージュは背面が直線なので体にフィットしません。コサージュを付ける時は体に沿うように、コサージュの背面を少し曲げると良いですね。入園式用のコサージュは、ワイヤーで作られているのが一般的です。少しずつ自分の体に合わせてカーブを付けると上手く体にフィットしますよ。試してみてください、キレイに見えるようになります。

続きはこちら

コメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。